うつ病を合併する不眠症の臨床研究

Posted by hiroki on 2017年4月25日 under 未分類 | Comments are off for this article

うつ病を合併する不眠症の臨床研究にご協力ください。
臨床研究とは市販されているお薬を使用して、病気の予防方法、診断方法や治療方法の改善、病気の原因や状態を調べることによって、患者さんの生活の質の向上を目指して行う研究のことです。今回の臨床研究ではお薬を飲みながら、アクチグラフィという機器を腹部に装着していただいて、睡眠のパターンを調べさせていただきます。
下記の睡眠、気持ちの項目でいくつかに当てはまる20歳から64歳までの患者さんが参加できます。
睡眠
・すぐに寝付けない
・眠りについても何度も目が覚める
・早く目が覚めてしまい、その後、寝付けない
・寝ているのに、十分眠った感じがしない
気持ち
・気分が落ち込んだり、イライラしてしまう
・疲れやすく、やる気がでない
・日中眠くて仕方がない
・睡眠のことが気になって不安

診察時に参加基準をみたしていれば、私からお話させていただくかもしれません。また、自ら御希望されてもかまいません。御協力お願いします

utu&fumin

Comments are closed.