月: 2024年5月

ダルビッシュ投手日米通算200勝!!!

今日は2本立てです。「日米通算200勝に王手をかけていたパドレス・ダルビッシュ有投手(37)が19日(日本時間20日)、敵地・ブレーブス戦に先発し、7回99球を投げて2安打無失点の好投で今季4勝目(1敗)を挙げ、日米通算200勝(日93、米107)に到達した」と報じられました。嬉しいですね。アメリカ(MLB)は結構4回とかでも球数で交代されたりする中、ついに200勝です。素晴らしいですね。おめでとうございます!

一矢報いた豊島九段

名人戦第4局が一昨日、昨日とありました。難解な将棋でしたが、2日目の夕食休憩明けから豊島九段の指しまわしが冴えて、寄せを読み切り藤井名人が投了。藤井八冠に公式戦で10連敗以上していましたが、何とか一矢報いる事ができました。第5局は北海道の(北見)紋別で行われるそうです。豊島九段は相変わらずのカド番ですが、頑張って欲しいですね。藤井八冠は嫌いではないですが、ライバルがいないと将棋観ていても楽しくないです。そういう意味では伊藤七段、豊島九段がライバルの最右翼ですね。

追伸:第5局が紋別市で行われ、藤井名人の防衛で終わりました。

藤井八冠、名人位防衛に王手

昨日、一昨日と行われた名人戦第3局は藤井名人の少しづつリードを広げていく指しまわしが冴えて、挑戦者の豊島九段が夕食休憩明けの割と早い段階で投了し、藤井名人の勝利。これで3勝0敗なので先に4勝したらいいのであと1勝となりました。豊島九段は第1局、2局は優勢な場面もあったので巻き返しを期待したいです。

昨日の井上尚弥VSネリ

昨日は17時から4つのプロボクシング世界タイトルマッチがありました。
メインイベントは井上尚弥VSネリの4団体のベルトをかけた井上の防衛戦。モンスターの異名をとる井上が悪童ネリを仕留めてくれると思ってましたが、1Rでネリのショートフックでまさかの井上が先にダウン(ダウンはプロ初)。でもその後が井上は冷静でしたね。1Rをうまくかわすと2Rに逆にダウンを奪い井上ペースへ。6RのKOまで井上のパンチが凄かったです。ネリも最後は立ち上がれずに試合は井上の防衛となりました。エキサイティングな試合でしたね。