オンライン診療?

オンライン診療がコロナ禍のせいか増えているそうです。メンタルクリニックでも行っているところあるのは知っていましたが、二の足を踏んでいました。心療内科、神経・精神科には科の特性として合わない制度と今も思っているからです。でもeラーニングで研修は受けてみる事としました。当院で実施するかはそれから考えます。

恩師の訃報

敬愛するO先生がお亡くなりになり、同門会からFaxが届きました。私が新米精神科医としてO先生の外来診療に陪席させていただき、多くの事を教えていただきました。特に新患の患者様との信頼関係の築き方は勉強になりました。最近は同門会の集まりにも顔を出さなくなったので心配していましたが・・・・合掌

大坂なおみ選手全豪オープン優勝!

テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは20日、メルボルンで女子シングルス決勝を行い、第3シードの大坂なおみ(23、日清食品)は6-4、6-3で第22シードのジェニファー・ブレイディ(25、米国)に勝ち、2年ぶり2度目の優勝を飾り、優勝賞金275万豪㌦(約2億2800万円)を獲得した と報じられました。とにかく、この大会では大坂選手の技術はもちろんですがメンタルの強さが際立ちましたね。これでグランドスラム4回目(全米2回、全豪2回)の優勝です。大坂女王時代の到来でしょうかね。素晴らしい!嬉しくて酒飲んじゃいました(宅飲み)。

日本精神神経学会eラーニング

最近早起きしたり、診療の合間に標記を受講しております。あまり面白くないものや知っているものもありますが、知識がブラッシュアップされるものもあり楽しいです。巣ごもり生活で仕事(精神科臨床)の勉強している今日この頃です。

「札幌モデル」で死者ゼロ?

自宅療養や宿泊療養中の新型コロナウイルス患者の死亡が全国で相次ぐ中、全国に先駆けて感染が広がった札幌市では死者ゼロの状態が続いている。背景には患者の症状に合わせた入院、宿泊療養、自宅療養の振り分けを徹底した上で、市独自の健康状態管理アプリなどで患者の容体急変に備える「札幌モデル」が機能していたことがあるとみられる。体制づくりに取り組んできた札幌医科大の医師は「関係機関が相互に連携し、患者の容体の変化を見逃さない仕組みが機能している」と分析している と報じられました。札幌にもいいところありますね。
でも・・・PCR検査受けれないで(つまり診断されずに)自宅等でお亡くなりになった人もいるのでは?と思います。

 

83歳の女性蔑視発言

連日報道されていますが、東京五輪組織委員会の会長の森会長(元総理大臣)83歳女性蔑視・差別発言を公の場でしました。オリンピック精神に反していますし、国内・海外から批判が殺到しました。謝罪して発言撤回の記者会見は開きましたが、本音で謝罪はしてませんね。記者に逆ギレしてましたからね。当然のごとく会長を辞めると思ったら、組織委員会の武藤敏郎事務総長をはじめ、幹部が慰留したそうです。どこかの政治家が「余人をもって代え難し」と言いましたが、あほらしい。そもそも国益を損ねているし、危機管理の観点からも83歳の人はいつ何があるか分かりません(もちろん女性蔑視は大問題です)。年齢を別にしてもナンバー2が同等の働きができる人間でなければ組織委員会の組織がおかしいと思います。いっその事、東京五輪そのものをやめたらいいのではとも思います。

追伸:2月12日についに辞任しましたね。当然です。

自民3議員は見苦しい

緊急事態宣言下の東京、松本純議員他2名(大塚高司、田野瀬太道)の国会議員が2人の女性(おそらくはいわゆる同伴)とイタリア料理を食べて、銀座のクラブを松本議員は2件はしご酒。他の2人上記2人の女性と後で松本議員が合流したクラブで酒を飲んでいたようです。夜の11時過ぎまで・・・
松本議員は「店主(銀座のママ)の陳情を受けていた」と・・・バカバカしい。陳情なら昼間に受ければいい。自民党を離党勧告され3人は離党しましたが、こんな議員が国を動かしていると思うと情けなくなりますね。似たような件で議員辞職した公明党の通山議員の方がまだ潔い。国会議員定数削減、参議院はいらない。衆議院ももっと定数減らしていいのではないでしょうか?あー、腹立つ。今日は節分ですので国会に向けて豆まきたいですね。

 

 

旭川医大病院長解任

クラスターが発生した病院について旭川医科大学の吉田学長が「コロナをまき散らした」などと発言した騒動が意外な展開です。旭川医科大学(北海道旭川市)の役員会が、同病院の古川博之病院長を解任した。古川病院長が意図的に学内の秘密を流出させたとして、守秘義務違反の責任を取らされたとの事。古川病院長は、旭川医科大学病院での新型コロナウイルスの患者受け入れを巡って、同大の吉田晃敏学長が昨年11月に慶友会吉田病院でクラスター(感染集団)が発生した際、感染患者の受け入れを拒否していたと、各報道機関の取材に応じていた。読売新聞の取材に対しても、患者の受け入れを要請した際に、吉田学長から「受け入れるならお前が辞めろ」などと言われたと証言している。これが事実ならパワハラですよね。吉田学長の責任は?

続報ですが、滝川市立病院から14年以上にわたり「アドバイザー」の名目で(実際は殆どアドバイスはやっていない)契約を結び、吉田学長が月額40万円の報酬(総額7000万円弱)を受け取っていたことが同病院への取材や契約書類などでわかった。これは贈収賄ですかね?いくら何でもアウトでしょ。

 

三国志を観ました

95話あった三国志もなんとか最後まで観ました(Amazonプライム)。劉備(玄徳)が主人公なんでしょうが、最後の方は諸葛孔明と司馬遷が主人公になっていきました。歴史的にも晋が中国を統一したのは司馬遷の子孫があっての事でしょう。この時代の戦略や考え方に感心させられる面もありました。これが西暦200年代の話というのもビックリです。日本は当時は圧倒的に遅れていましたね。

さて、新解釈・三國志を観ようかな?

何故、ザル検疫?

新型コロナの話。今朝のワイドショーで、イギリスや南アフリカで変異種が出ているし、緊急事態宣言が出ている(又は今後すぐに発出する)都府県があるのに日本に入国する検疫は「ザル」であると自民党の参議院議員が言っておりました。入国後の2週間の自主待機期間も強制でなく要請であり、実際には公共交通機関利用したり、飲み会をやってもいいようです。これではどんどん変異種が日本に入ってきます。政府の対応に疑問を持たずにいられませんが、身内の自民党議員から言われるとは残念ですね。

と思ったら、全面的に入国禁止にすると今日報道されていますね・・・遅いのでは?